読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜MM夢クリでの妊活日記〜

アラフォーでチョコレート嚢胞もち。手術や体外受精についての記録。

顕微受精に抵抗がある?

顕微受精に抵抗、ありますか?

 

私は全くありません。

 

命の選別?人為的だから?

 

だとしたら、何もしなければ死にゆく老人を医療で助けるのは命の選別ではないの?

 

少し手助けすれば生まれる命はたくさんあるのに、それには抵抗があるの??

 

人の手が加わったから。

と言うけれど、

あなたというメスが夫というオスと出会ったのは、誰かのおかげだった、なんてことはないでしょうか?

 

数億個の中で勝ち残った、たった1匹の精子

そこに命の神秘性を感じるのはもちろんだけれど、

 

あなたと夫が出会ったのは、

夫という♂が、数億人の男衆を蹴散らしてあなたという♀を勝ち取ったのでしょうか。

 

その通りよ!

と言うならすいません、恐れ入りました、もう何も言うことないですおめでとうございます。

 

まぁたいてい、合コンで気があったとか、友達の紹介、いつも行く店で知り合った、職場で…

 

そんなものじゃないでしょうか。

要は、

 

 

   近くにいたから。

 

 

これが本質ではないでしょうか。

 

卵子精子の出会いも同じだと思うんです。

 

 

たまたま近くに辿り着いたから。

 

 

顕微受精は、動きのいい、形の良いものを選んで巡り合わせた

 

あなたに合うと思って、この高学歴のイケメンを紹介するわ

 

 

  同じじゃね?

 

 

結局、どれを選んだって、愛する夫の精子です。

そこに何の抵抗があるのでしょう。

 

顕微受精を否定する人、差別する人、

何も苦労なく妊娠、出産まで辿り着いた方には理解できないところもあるかもしれないけれど、

今では様々な技術があること、それは医療だということを前向きに捉えてもらいたいです。

 

 

 

術後1ヶ月半の現在

チョコレート嚢胞を摘出して、1ヶ月半が経ちました。

術後、3週間くらい経った時に受診して、特に異常なし。

チョコのあった左の卵巣にも育っている卵胞が見えて、

ああ、ちゃんと機能しているんだな、と安心しました。

 

手術中のグロい写真を見ながら説明を受けました。

あ、これ、私のお腹の中なのね。。

 

癒着はそれほどなかったようで、生理痛が軽いのも納得。

 

傷口は、コリコリとした芯のようなものがあったのが徐々に消えてきました。

5ミリくらいの小さな傷で、それほど気にならない程度です。

 

おヘソの形は少し変わりました。

おヘソって、中はすこしシワシワしていますよね?

それがツルンとなって、切り口が斜めだったのか、よく見ると斜めみたいな。

 

まあ、デベソでもないし、よく見ないとわからない程度なので気にしません。

 

そして、生理も無事に来ました。

術後2日くらいで排卵があったようです。

排卵すると乳首が痛くなるのですが、入院中に痛くなって、その2週間後に生理がきました。

こんな状態でも排卵するんですね。

なんか、すげー。。

 

夢クリには、生理14日目に来れたら来てと言われていたので行きました。

 

手術をした病院からの報告書で

不妊治療はすぐに開始してOK』

『自然妊娠も充分可能』

といった内容が書かれていたらしく、

 

え? 私、普通に妊娠できるの??

 

と希望をちょっと持ちました。

 

でも、私は採卵して胚盤胞まで辿り着いた卵ちゃんに愛着があるので、

できればその子を生みたいという気持があります。

 

とは言っても、自然にできればそれに越したことはないわけで、今周期は自然にチャレンジ♪

玉砕。

 

まぁ、そうですよね、そんなうまくいくわけない。。

 

 できれば次周期、あの子を迎えに行きたいと思っています。

感覚なんて何もないだろうけど、凍結されて寒いだろうに、早く温めてあげたいです。

 

期待しすぎるのは良くないかもしれないけれど、私はあの子は元気に生まれてくるような気がしてならないのです。

 

体調をしっかり整えて、楽しい気分でその日を迎えたいです。

 

 

 

 

入院費、保険などお金のこと

今回、6日間の入院で退院時に支払ったのは、9万円弱でした。

クレジットカード払い。

 

入院時に預り金として7万円を渡しましたが

これは退院時に現金で返ってきました。

 

入院前に、限度額適用認定証を申請しておくと、病院窓口での支払いが格段に安くなります。

会社にお願いしたら、個人でやるよう言われて申請書などをくれました。認定証は自宅に届きました。

限度額適用認定証は入院時に提出しましょう。

 

病室は結局大部屋にしました。

初め3人部屋にしましたが、同室の2人が認知症の方々で、言いづらいですが臭いもこもります…。

大部屋の方が広いし、耳栓があれば大抵のことは乗り切れるし、部屋代もないのでこっちに変えて正解でした。

 

あと自分で全国共済の入院保障型に加入しています。月々2000円ぽっきりの。安い。

入院前に書類を送ってもらって、入院時に病院に渡し、退院時には出来上がっていました。

退院後、すぐに郵送したら2日後には保険が下りて、

なんと、16万円振り込まれました!!

むしろプラスになりました!!

 

手術自体の保険点数は25000点くらいでした。

参考になれば幸いです。

 

 

入院前に用意して良かったランキング

第3位 マタニティショーツ

おヘソまですっぽり隠れるタイプの物がおすすめです。締め付けない、柔らかい綿のもの。

おヘソの下あたりでクロスするタイプの物も買ったけど、結局すっぽりタイプの方が良かった。

同じように、ルームパンツも股上の深い物がいいです。ユニクロで買いました。

 

ストッキングはパンツの上から履いても縫い目がおヘソに当たって違和感があるので、しばらくはやめた方がいいかもしれません。

 

退院時はワンピースで。

太ももで留まるタイプのストッキングを買っておけば良かったなぁと思いました。

 

 

第2位 耳栓

同室のお婆さんが独り言を言います。

夜もナースコール呼びます。

頻繁にトイレに行きます。

耳栓必須アイテムです。

 

 

 

第1位 ダウンロードした動画

これはほんとにやっておいて良かった。

手術当日は起き上がれないので本を読むのも大変だと思います。

 

U-NEXTの一ヶ月無料お試しに登録して、事前にダウンロードできるだけやっておきました。

病室でもオフラインで見られるので通信料もかかりません。

 

入院中、有意義に過ごすために勉強を、とか思わなくていいです、やる気も起きません。しっかり食べて適度に動いて、あとはゆったり過ごしましょう。その方が回復も早いと思います!

 

 

 〜番外編〜

●S字フック…シャワー室にも持っていくと便利。

スマホ充電器…必須。

●ハンガー…2本もあれば充分。

●エコバッグ…シャワー室に行く時に着替えやバスタオルが入る物があると便利。

●パック・美顔器…ナースやドクターがちょいちょい来るので何となくできなかった。不要。

 

 

 

 

チョコ手術完了

ようやく手術やってきました。

 

手術してしんどいのは当日だけ。

あとはどうにか動けるし、日に日に良くなるのが分かるほど回復していきます。

 

〜手術前日(入院1日目)〜

午前に入院手続き。

売店で手術用パンツを購入。

昼、夜は普通に食事をし、夜0時までは好きな物を食べてよし!

 

手術前の内診、おヘソの掃除、剃毛。

内診は完全に新人医者の練習台。大学病院だからしょうがないか…とも思うけど、見せ物じゃないぞ!!と不機嫌に。。

 

気を取り直して、ドトールでコーヒーとパウンドケーキを食べて、病院の近くを1時間くらい散歩しました。

夕食後、下剤を飲んで、OS-1を朝までに1本以上飲むのが義務。

 

22時消灯だけど、イヤホンして動画を見たりゆったり過ごしました。

 

 

〜手術当日〜

OS-1だけ摂取。浣腸はしなかった!

トイレを済ませて、手術パンツと手術着に着替えていざ手術室へ。

普通に歩いて行きました。

 

手術室ではユーミンの歌が流れててリラックス状態に。

台に横になり、血圧計、心電図などか素早く取り付けられて、点滴の針が入ります。

早いなぁ、慣れてるんだなぁ。

 

「ちょっとピリピリしますよ〜」

あ、少し冷たいかな?

あ、ちょっと待って、トイレ行きたい、あれ、足が動かない…

「手術終わりましたよ〜」

 

 

 

え?終わったの?

 

 

どうやら、冷たいと思った直後には麻酔が効いて、トイレに行きたいと思った時にはすでに手術は終わっていたようです。

尿管が入ってる違和感を尿意と感じたらしい。

 

とりあえずすごく寒い。

ガタガタ震えるとお腹に響いてちょっと痛い。

せーのっとベッドに移される時は意外と痛くない。

 

寒い寒い寒い寒い寒い

 

「旦那さん、お話して大丈夫ですよ〜」

 

酸素マスクが付いてるけど話はできます。

けど話す気分ではない。寝たい。寒い。

 

電気毛布をかけられて徐々に温まる。寝る。

起きる。旦那と少し話す。寝る。起きる。

少し話す。寝る。起きる…

 

 

暑い。

 

 

 

旦那にナースコールを押してもらう。

寝返りがうてないので、居てくれて助かった。

電気毛布を外してもらい、またねる。

3時間ほどで酸素マスクは外れて、寝て起きての繰り返し。

 

生理痛のような痛みがあるので、我慢できないほどではないが、点滴に痛み止めを入れてもらう。

 

話すのも心配されるのもなんだかしんどいので、旦那には帰ってもらう。

 

相変わらず尿意が半端ない。

ほんとに尿は外に出ているのか?

ナースに聞いてみると、尿管の先のバッグに溜まってると言うので信じることにした。

 

半日ほどすると尿管にも慣れてきて、むしろトイレに行かなくていいので楽チンだと思うようになってきた。

 

恐る恐る寝返りをうってみると、左はいける。右はしんどい。

 

ナースにスマホとイヤホンを取ってもらい、ひたすら動画を見る。

 

日中たくさん寝たので、夜は点滴に睡眠薬も入れてもらってぐっすり。

長い長い1日が終わりました。

 

 

 

〜入院3日目〜

起き上がると気持ち悪くなることがあるとのことで、ゆっくりベッドを起こす。

両足に着けていた血栓予防のフットポンプを外してもらう。

 

少し起こして、寝て、また少し起こして、寝て…を繰り返してほんとにゆっくり起きました。

 

吐き気なし。

歯を磨くよう言われて、磨くとお腹に響く。

そうか、歯磨きでさえ腹筋を使うのか。新たな発見。

プラスチックのトレイにゆすいだ水をぺっと出す。

 

体を拭いてもらって着替える。

点滴が繋がってるので、服の袖に点滴を通してから着せてもらう。

 

あ…オナラ出た。

 

なんとなく立てそうな気がして、立ってみる。

ナース「もう立ってる!」

 

歩けそうなので、尿管も外してもらう。

なんだか、人間に一歩近づいた気分♪

 

運命共同体の点滴ちゃんと一緒にトイレに行く。ゆっくりだけど、ちゃんと歩ける。

 

動いた方が腸の動きも良くなるし、傷の治りも早いそうなので、無理のない程度に病院内をウロウロ。

 

昼には3分粥がスタート。

夜は5分粥。

食べられることに感謝。完食。

 

点滴繋がってるけど勝手に髪を洗う。

夜、ついに点滴が外れた!自由だ!!

 

〜入院4日目〜

なんだか肩が痛い。

昨日は左が痛くて、今日は右がやけに痛い。

 

手術の時にお腹を膨らませる為に入れたガスが、横隔膜の神経を刺激して肩が痛むそうだ。

横になるとおさまる。

おさまったら歩いてリハビリ、肩が辛くなったら横になるを繰り返す。

 

特にリハビリの指示とかはないので、自分で勝手に動きます。

階段の昇り降りもできるようになりました。

1階から6階まで、ゆっくりゆっくり。

 

シャワーOK出たので、もうサッパリ!

 

お見舞に来てもらうなら、このあたりからがいいと思います。それまでは来てもらっても正直しんどい。

 

 

その後はどんどん回復します。

痛み止めで胃がやられたのと、肩の痛みがちょっとしんどいくらいで、わりと普通に過ごせます。

屋上で本を読んだり、疲れたら横になって動画を見たり、けっこうあっと言う間に退院日。

 

帰りは母が来てくれて、タクシーで帰りました。ありがたい。

久しぶりの我が家。

お昼を食べに出かけたら、10分くらいの距離でゼイゼイはぁはぁ。

やっぱり体力落ちてるんだな。

ムリは禁物、できることから少しずつやってみよう。

 

 

チョコレート嚢胞の手術前検査

先日、夢クリで手術先の病院への紹介状を書いてもらい行ってきました。

 

とても古い建物です(´・ω・`)

 

ホテルライクなゆったり空間の夢クリを受診したその足で行ってきたので、

…なんか、こう、なんだろな、まぁいいや(´ー`)

 

こちらの病院は、5月上旬には新病院へ移転するそうです。

 

あとちょっと待てば、ピカピカ病院での入院ライフが体験できる…と妄想…

 

しかし!我々妊活高齢者は1ヶ月だってムダにはできないのです!!

 

2ヶ月先の手術を予約して、まずは手術前の検査をしました。

 

検査の前に入院の申し込みをします。

どの部屋にするか聞かれるのですが、

6人部屋だと無料、

3人部屋だと+4300円、

2人部屋だと+7800円

個室だと+1万円(それぞれ1日料金)

とのことで、

なんとなく3人部屋を第1希望にしました。

これはあとで決めて連絡してもいいそうです。

 

これ、移転したら部屋もキレイだし、ちょっとお高くなるのかしら♪なんて考えたりもする。

 

あと、1日たったの239円で、パジャマとフェイスタオル、バスタオルのレンタルができるそうです。

これいーじゃん、タオルかさばるし洗濯しなくていいから助かります。

 

さて、ようやく検査です。

病院の地図と、検査項目の紙を受け取って

好きな所から回ってくださいというスタンプラリー方式。

 

地下に行ったり、また戻ったり、軽く迷子になりながらレントゲン、採血、尿検査、心電図、肺活量測定をしてきました。

 

レントゲンだけ検査着に着替えて、その他は私服で回りました。

どの検査も特に待ち時間はなく、すぐに終わったのでよかったです。

 

お会計は、バーコードをかざして自動精算という、新しさと古さを兼ね揃えた的な。

 

数日後に検査結果を聞いて、麻酔科で話をする予定です。

あとは家族と一緒に手術の具体的な話をするとのことで、入院までにあと2回受診することになりました。

 

段々と整ってきました。

手術もたのしみです。

 

チョコレート嚢胞が発覚してからこの1年間、

捻転や破裂のことを考えて、走ることも自転車に乗ることもためらって生活してきました。

慣れれば慣れるけれど、でもやっぱり制限なく活動したい。

不安なく、妊娠生活を楽しみたい。

まだ妊娠できるかどうかわからないけれど。。

一歩ずつ、前に進んでいると思います。

 

 

 

 

凍結確認

今日は、あの中身の飛び出た卵ちゃんが、胚盤胞まで育って凍結できたのかを電話で確認する日です。

 

正直、あんまり期待していません。

 

次はまたすぐ採卵なのか、

2周期連続で採卵してもいいものなのか、

色々検索していました。

 

再来月には、チョコレート嚢胞を取る手術をします。

 

手術前に少しでも胚盤胞が凍結できれば、

手術で卵子が減ってしまっても希望があると思って始めた体外受精

 

今回凍結できなければ、今周期また採卵することになるかもしれない。

 

そうなると、また職場に迷惑をかけてしまう…

 

もう、手術終わってから考えるか!

 

いやいや、取り返しのつかないことになってからでは遅いんだから…

 

…ぐるぐるぐるぐる…色々考えます。

 

 

こういう先の見えないことを考える時は、私はよく地球の歴史を思い浮かべます。

 

は?

 

て感じですよね、

つまりは、地球の長い長い歴史を思うと

私の生殖問題なんてミジンコの鼻くそレヴェルの話みたいなもんです。

 

そもそも、ミジンコに鼻クソがあるのか?

という次元の話で

私のハイバンホウがトウケツうんぬんは世界的に、地球的にどうでもいい話なのです。

 

 と、ぼんやり考えて気がラクになったところで電話をかけます。

 

 

胚盤胞が凍結できたかどうかの確認なのですが…」

 

「ご連絡ありがとうございます。少々お待ちください。」

 

MM夢クリは対応がとても丁寧です。

 

名前と生年月日、診察番号を再度確認されます。

 

「えー、先日顕微で受精したものがひとつですね、」

 

「はい」

 

ちょ、ちょっとドキドキしてきた…

は、はやく言ってくれ…

 

 

 

 

胚盤胞、凍結できました」

 

 

おおおおおおおおお!!!

 

 

なんということでしょう

一応グレードも聞いてみます。

 

「こちらではABCDEの5段階で、年齢と見た目で評価します」

 

年齢と見た目って、男性目線みたいな(*´・ω・)

 

「上から2番目のBでした」

 

おお、まずまずの評価をいただけた!

 

お礼を言って電話を切ります。

 

なんだか、凍結できてしまいました。

ストックできたのは1つだけなので、先生は手術前にもう一回採卵しておこうと言うかもしれません。

 

でも、卵のストックって、そんな物みたいな言い方は良くないと思うんです。

 

あんだけダメ卵みたいな言い方して今更なんだよって感じですが、

きっとあの子は生きたがってると思うんです。

 

あんな状態でもここまで育ってくれたあの子を

お腹に戻して生んであげたい。

そんな風に思うんです。

 

それでもし着床しなくても、

途中で終わってしまったとしても、

それはその時また考えればいい。

 

この子の生命力を、もう少し信じてみよう。

 

私は、この子の母親なんだから。