読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜MM夢クリでの妊活日記〜

アラフォーでチョコレート嚢胞もち。手術や体外受精についての記録。

初めての採卵

本日16日目、ついに初めての採卵です。

 

昨日は色々検索しまくり。

 

夜のうちに明日の手荷物を全部用意して、目覚ましかけて、

あとはもうやられるのみ(`・ω・´)

 

 

 朝、旦那の採れたておたまじゃくしのinした容器をタオルで包んで、銀色の保温バッグに入れて、大切に持って病院へ。

 

ナースセンターに呼ばれて、手術衣に着替えてベッドで待ちます。

 

ここでおたまじゃくしを看護師さんに渡します。

なんだかちょっとさみしい…

 

あーん、バイバイ、

立派になって帰ってこいよぉ。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

ここから結構待ちました。

 

長いな…

暇だし、ちょっと寝るか。

 

 

 

 

寝られるか!( ;∀;)

 

 

 

ついに順番が来て、扉が開かれます。

 

ほの暗いオペ室、といった感じ。

 

もうやるしかない…

 

 

 ここから私は女優よ。

 

 

「お願いしまーす」

 

なるべく一人ひとりの顔を見ながら挨拶。

まるでドラマ撮影のクランクインのようだ。

 

「ここに足を乗せてくださいね」

「はーい」

 

台に乗り、足が固定される。

 

 

さあ、ひと思いにやってくれ。

 

 

痛いと噂の消毒。

なんか器具を入れてカチャカチャやってる。

あー、きっとこれから痛いんだわ。

 

 

「消毒終わりました」

 

 

    え?  終わったの?

 

 

「採りますね〜」

 

 

お、おう、ここからが本番…

どんな痛みが来るのやら…

 

モニターを見てちょっと身構えていたら

 

 

おお! 吸われておる!!

 

 

黒い○がみるみる小さくなっていきます。

てか、いつ刺したの??

 

「1リンスです」

「1リンスでーす」皆で復唱

 

おお、これが噂の1リンス(笑)

 

1回刺すと1リンス。

 つまり2回刺すと2リンス。

3回刺したら3(略)

 

 

 

「2ミリです」

 

これは卵胞の液の容量らしいけど、

みんなのより少ないなぁ、ちゃんと卵入ってるかなぁ。。

 

痛みというよりは、中で何かされてる違和感、という感じ。

 

痛くないとわかってからは、気持ちに余裕が出てきました。

 

 

さすがに6リンスくらいで

「う…」

と声が出ましたが、べつに痛くないです、

なんとなく言ってみただけです(゚∀゚)

 

 

「終わりです」

 

 

 

おわたー(゚´Д`゚)

 

 

ガーゼを詰めるのが痛いというのもブログでたくさん目にしたけど、これも痛くなかった!

 

 

おつかれ私!おつかれ皆さん!

 

先生を始め、看護師さん、培養士さん、みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ありがとみんな!

おかげでいいドラマができそうよ!

 

 

 

その後20分の安静のあとに、自分でガーゼを抜きます。

 

抜きます。

 

…抜きます…まだ出る??

 

え、え、まだ出る???

 

 

私のお股からはまるで手品のように

30センチくらいのガーゼがするすると出てきました。

 

もうすぐハトも出せそうです。

 

 

止血確認。

 

内診して異常なし!

 

 

そして、ついに卵とご対面…

 

 

 

「全部で4個採れました」

 

 

4個〜♪

「2ミリです」を2回聞いただけだったから、ちょっとびっくり!

 

「ひとつは綺麗な成熟卵です」

 

 

まんまる〜!

よくがんばったねぇ(´;ω;`)

私のお腹の中で育ったのね。。感動。

 

精子の状態もいいので、これはふりかけで受精させます」

 

旦那もがんばってくれました。

ありがとう!

センキュウ!!

 

 

「2つは変性卵で、これは廃棄ですね」

 

 

なんか、べちゃってなってる。

捨てちゃってくださーい。

ごめんね、卵たちよ。

 

 

「あとひとつは、丸いけど、一部輪郭が見えないので、もうちょっと綺麗にしてから顕微にしようと思います」

 

 

確かに丸いけど、なんか一部ぼやけて中身が飛び出てるような。

 

おまかせします!

いい具合にやっちゃってください!

 

 

こうして、初めての採卵は無事に終わりました。

 

 

採卵直後は、軽い生理痛のような痛みがありましたが、2時間くらいでおさまりました。

腰を曲げると圧迫されてちょっと痛いかな。

今日は安静にして過ごそう。

 

 

ああ、ちゃんと受精できるかな。

 

 

無宗教ですが、ここは「神様」と呼ばせていただきます。

神様、

どうか我らの卵を胚盤胞までお導きくださいまし。

 

 

 やり切った感でホッとして、

マークイズでパンケーキ食べて帰りました。


f:id:kykanben:20170203140809j:image


家に帰ると、旦那が電話をかけてきてくれました。

 

声を聞いて、心からホッとしました。

 

ありがとう。

一歩前に進んだね、私達。

 

 

一週間後の電話で経過確認です。

それまでしばらくゆったりしよう。

 

 

 

 

採卵周期〜14日目

採血と内診をしてきました。

 

E2  869

LH  12.5

P4  0.3

卵胞は15ミリが2つ、10ミリくらいが2つ…

 

もっとたくさん見えてたんだけどなぁ

まだまだ小さいみたいです。

 

 

 仕事の都合もあり、できれば2日後に採卵したい。。

今日もダメ押しの注射をお腹に打って、

2日後の採卵決定です!!

 

 

大丈夫かなぁ…やっぱりもう1日延ばした方がいいのかなぁ…

 

でも、先生がGOを出してくれたんだし、信じよう!きっと大丈夫!!

 

ストレスが1番いけないって言うし、もう考えるのはやめよう。

 

そして、夜の11時と12時にスプレキュアの点鼻をします。

この点鼻は、毎日ではなく単発で使うとLHが上昇して、排卵直前の成熟した状態まで持っていってくれるらしいです。

 

ラストスパート!がんばれ卵ちゃん!

 

 

 

ところで、今日の注射はあんまり痛くありませんでした。

これって、やっぱり看護師さんの腕によるんでしょうか?

 

今日の看護師さんは

「息を吸ってー、吐いてー」

で吐いてる時にチクッとやってました。

 

このチクッの後に薬が入ってくるのがぎゅぎゅーって痛いんですけど、

息を吐きながらだと少しマシなのかな。

 

採卵に向けて心の準備というか、事前情報というか、また色んな人達のブログを見ました。

痛みの表現にビビったりホッとしたりビビったりの繰り返し(笑)

 

採卵当日は、息をゆっく〜り吐きながら、大事に育てた卵ちゃんが吸いとられるのを見届けたいと思います。

 

怖いけど楽しみ!ヽ(´ー`)ノ

 

 

採卵周期〜13日目

いきなり13日目からのスタートですが、

初めての採卵に向けて卵を育てています。

 

 

生理3日目からセロフェンを1錠10日間飲むことになりました。

添付文書上だと、2錠5日間となっていますが、そこは先生の指示通り飲んでます。

 

プラス、1日おきに病院でゴナールFの皮下注射。

 

薬が入る時にキリキリと痛みますが、耐えられる程度なのでかんばります(´;ω;`)

 

セロフェンのせいなのか、ぼぼ毎日頭痛があります。

ロキソニンを飲めばおさまるので特に問題ないけれど、できればあんまり飲みたくないなぁ。。

 

 

 

そんな感じで迎えた受診日、おとといの11日目…

 

 

「…育ちが遅いね。普通の人なら13ミリくらいにはなってる頃だけど、まだ10ミリだね」

 

 

普通の人。。

私は普通ではないのか…と一瞬落ち込む。。

 

エコーで見ると、黒い○が5,6個ポコポコ見えます。

チョコのある左の卵巣にも、ちゃんと1個見える。

 

 

「セロフェンを1日分追加します。あと、明日も明後日も注射しに来てください」

 

 

お注射 追加入りました〜(・∀・)

 

 

連日の通院で、職場にも迷惑かけます。

 

理解してくれる優しい人達ですが、やっぱり予定が立たない事での不満もあるようで、申し訳ない気持ちでいっぱい…

 

でも、ここだけはなんとしてでも超えないといけないので、

すいません!代わってやってください!

落ち着いたら私がんばりますから!!

 

 

明日は採血と内診があります。

きっと、採卵日が決まるはず!

 

 

 

 

手術が先か、体外が先か

チョコレート嚢胞は手術して取ってしまった方がいいのでしょうか。考察してみます。

 

チョコレート嚢胞があると

卵子の育ちが悪くなる、とか

子宮の環境が良くなくて着床しづらい、とか

諸説ある一方、

 

チョコがあっても妊娠しました!とか

手術したらすぐ妊娠しました!とか

手術したから卵子が減って不妊…とか

 

結局どうするのが1番いいのよ(;´Д`)

 

 

よくよく考えなければいけません。

 

妊娠すれば生理が止まるからチョコは小さくなる。

 

妊娠するのが治療になる、というのはよく見かけるセリフですが、

 

妊娠すればね。すればの話です。

 

その妊娠がなかなかできないから困ってるわけです。

 

チョコが原因だとすればチョコを取ればいいのだけれど、

卵巣の正常な部分も多少は削ってしまうので

卵子が減るのは確実。

 

チョコが2センチとか小さい場合は

取らずにそのまま体外でいいんじゃないでしょうか。

妊娠すれば、そのまま小さくなりそうです。

 

私みたいに6センチとか微妙な場合はどうでしょう。

 

30代前半くらい若ければ、手術でいいかもしれません。

手術することで、環境が整って自然妊娠できるかもしれません。

 

 

まずは、残りの卵子の数と相談です。

 

若い頃、生理があんまり来ない時期もあったし、

卵はたくさん残ってるはず♪

 

と検査してみたところ

 

 

卵巣予備能 AMH : 2.47……(38歳平均)

 

 

実際より老けてるじゃねーか( ;∀;)

 

 

思ったほど卵は残っていません。

 

 

そこで、

先に採卵することにしました。

採卵して、受精させて凍結。

 

その後、手術をしてチョコを取り除き

整った環境で、戻す。

 

私の場合はこれがベストだと思います。

 

余裕があれば、手術前に一度体外をやってもいいかもしれません。

 

まぁ私はお金も時間ももったいないし、

このサイズのチョコが妊娠で消えるとも限らないので、これで行きます。

 

 

手術先の病院も、検索しまくって決めました。

 

悪性腫瘍の方に強い病院だと、腫瘍を残さないよう大きく取ろうとする、

妊娠を目指す方の病院だと、卵子が減らないよう

なるべく残そうとする、

 

というのを念頭に、良性腫瘍の腹腔鏡手術の症例数の多い病院を選びました。

 

 

まずは採卵。

ちゃんと、卵をそだてないと。

 

 

 

 

はじめまして

36歳になってしまった(*_*)

左の卵巣に6センチのチョコレート嚢胞あり。
1年間、大きさは変化なし。


今までやったこと↓
・通水検査…異常なし
・タイミング法3回(薬ナシ)
・ヒューナー検査…良好


歳も歳もだしチョコあるし、
普通の婦人科に通いながらも、早め早めでMM夢クリニックに初診の予約を入れていました。



これまで、色んなことを調べました。

不安にもなりました。

でも、
調べているうちにたくさんの方たちのブログを読んで、とても参考になったし、たくさんの希望をもらいました。


机上の勉強より、体験に勝るものはないと思っています。


もし私の記録が、誰かたった一人でも、
背中を押したり心の支えになればと思って
続けていきたいと思います。